このブログを検索

2010年6月3日木曜日

鳩山首相の退陣

鳩山首相が退陣表明した。
ちょっと残念な気がする。確かに政局の混迷、特に普天間問題を中心に、リーダーシップを発揮できなかったから、やむを得ないと思うが。
鳩山家が勝山藩の出身ということで、鳩山家のルーツを訪ね、首相の曾祖父鳩山和夫や、曾祖母鳩山春子、祖父の鳩山一郎の伝記など、学んでみると、鳩山家にはある使命があると見込んでいたので、少々と言うか、はなはだと言うか、残念な思いが強い。
「友愛」という言葉はあまり受けが良かったとは言えないが、祖父の鳩山一郎が目指した、友愛政治は一定の理想であると言える。
ただ、問題はその友愛を実行する実力と言うか、実際の施策であろう。
かねてから、吉備楽土では、郷土の先人、熊沢蕃山や山田方谷の改革や思想を高く評価していたが、今の日本や、政治情勢、体制の中でこれを実現するには、単なる理想論ではなく、具体的政策と実行力が要求されるのだなと言うことを痛切に実感する。
本当は、大衆にこびることなく、本当の意味での、改革の実行を願っていたが、これはもう少し先になるのかもしれない。
実行可能な、政策と、基本理念を再度確立する試みを続けて行きたいと思う。

1 件のコメント:

Hiromichi さんのコメント...

新しい菅直人首相の本籍地は岡山で、出自は美作菅氏ですね。不思議なめぐり合わせです。ある霊能者は今は出雲族(美作人の多くが出雲を出自としている)が活躍する時代だと言っていました。